GWは人混みを避け、どこにも出かけず家にこもっていた。 流石にこれでは寝たきり老人まっしぐら、思い切って遠出をすることに。
 目的地は以前から行きたかったこの場所。 ただ、ここは日本百名山、山歩きをしていた時に山頂まで登っていて、実に12年ぶり二度目。 まさか鳥を撮しにまた訪れることになるとは。
 ドライブウェイが開くのに合わせて現地着8時、取りあえず終点のスカイテラス駐車場入口まで上がり、CMの位置を確認、皆さん思い思いの場所に撮影場所を確保していた。
 どこを飛ぶのか全く分からないので、密になりそうなCMの集団を避け人のいない場所にスタンバイ。 すると親切な方に「その場所は駄目、少し移動した方が未だマシ」と教えて貰い素直に5、6m移動。
 やはり谷底まで見通せて、谷筋の飛行ラインを一望できる場所が有利なので、皆さんそういう場所に陣取っているようだ。
 10時半過ぎ、谷底に茶色い姿、遠いがお目当ての鳥。 相変わらず下手な証拠写真だが、遠くまで来た甲斐が。 数日かかるのではと覚悟していたが、幸いにも初日で目的を達成。 明日もっと良い画を撮れる保証もないのでサッサと帰路へ。

イヌワシ

 どこかで餌を食べてきたようで、素嚢を膨らませ、糞までしてみせた。 二羽いるようだが、自分の場所では前方の木がスタイミーになって、姿が捉えられず遅れてしまい、どうしても後ろ姿が多くなってしまった。

ハチクマ

 イヌワシを待っていると違うタカが、多分この鳥か。


 駐車場所から少し道路を移動していたら小さな立て札が、道路とガードレールの外は危険なので歩かないように注意喚起をしてあった。 知らなかったとは言え大変失礼いたしました。
 もとより、カメラを構えるのは目の前が崖、一歩踏み違えば転落・大怪我では済まず、自己責任とは言え注意してもし過ぎることのない場所には違いがない。
 なるほど、ずらっとCMが並んでいた最上部の駐車場入口が、安全で最も撮影に適した場所だったのかも知れない。