埼玉県の河川敷に珍しい鳥がやってきたそうで、思い切って出掛けることに。 ただ人気の鳥でおまけに今日は休日、すさまじい数のCMが予想でき、初めての場所で勝手も分からず不安だらけ。
 現地着8時半、案の定駐車場所への行き方が分からず無駄に時間だけが過ぎる。 やっと土手の端に停め、最も人が集中している500m程上流側にカメラを担いで歩いたがその間もぎっしりと車が。 昨日はその土手下の畑で餌を探したようで、皆さんのカメラは畑を向いて並んでいた。
 軽く100人を越えるCMがいて暗い内から待つ人も多くいたようだが、今日は全く見ていないとのこと。
 普通のノスリは飛ぶのだが、お目当ての鳥は見つからない。 10時を過ぎ諦めて帰る人もちらほら。 ここ2日は風が強く良く飛んだが今日は無風、ここには来ないかもと話す常連の方も。
 少し諦めムードも出た11時頃、少し離れた支流の公園の木に留まっているとの情報が流れたようで、沢山のCMが徒歩で移動を開始。 半信半疑ながら遅れて自分も500mを戻り、更に1km以上先の支流の土手に向かうとCMの集団、皆さん熱心に撮影中。 よく見るとお目当ての鳥がその先の木に、後ろ向きだがなんとか証拠写真を撮ることが、幸運にも近くを飛んでくれたが、フレームに入らず残ったのはこんな画だけ。

ケアシノスリ