昨日の午後、旭川空港でツアーは解散。 皆さんはそのまま帰路へ。
 ツアーメンバーの方々、ガイドさん、皆さん気持ちの良い方達で、楽しい五日間を過ごすことができ感謝いたします。
 自分は、せっかく旭川に来たので、二年前のリベンジを果たすべく更に二日間の予定で旭岳に挑戦。
 予想より距離があり、姿見駅に着いたのは9時、出遅れる。


 とりあえず第1展望台へ、すると第3展望台にCMの姿が。 一部雪の残った道を慎重に歩いたつもりだが、見事に雪を踏み抜き片足が穴へ落ちる。 幸い怪我はなかったが、ペットボトルが泥だらけに、水を無くす。 後ろを歩いていた外国のご夫婦に心配されてしまった。
 なにしろ重い体に更に重い荷物を担いでいるので、他の方より大変。 ロクヨンを宅急便で送っていたので7kg程はあっただろうか。
 やっと第3展望台に着いたが、それからが長かった。 朝から出ていないそうで、11時頃に遥か彼方にちらっと姿を現したがそれきり。
 12時少し前に、野鳥の会のツアー(?)の団体がやってきて展望台は満員に。 カヤクグリやルリビタキの声がするそうで、皆さん探しまくる。
 その後各グループに解散したのか、人が少し減り静かに。
 すると残っていた野鳥の会の目の前の茂みにお目当ての鳥が。 何とか写したが設定に失敗しピンボケの画に。
 この後15時過ぎまで粘ったが、現れなかった。 ただ証拠写真が撮れたので良しとすることに。

ギンザンマシコ